プロの対応



もう何度かお話したことがありますが、俺やぶぶさん、ムネジは電器屋です。


普段は家電量販店の店頭で接客・販売を行なうスタッフとして働いてます。


最近はテレビでも家電芸人などで家電製品が注目される事が多くなりました。


おかげさまで仕事しやすくなりましたし、接客トークの引き出しも増えてきました。


ただ、そんな俺たちも、毎日店頭で販売してれば良いというわけでもなく…


時には見積もりやクレーム・トラブルなどでお客様のお宅に出向く事もあります。


こんな俺でも、何年か働いてるうちに売り場を任される立場になりました。


お客様の苦情・クレームなどを受け止める事も仕事のひとつとなりました。


この日の苦情は、買ったばかりの電子レンジが調子悪い…というものでした。


お話を聞く限り、異常といえる内容ではなく、ただ神経質なお客様といった印象で


電話口の向こう側では直接お話をしなくてもご主人のエキサイトぶりは伝わりますw


しかし、確認もせず異常無しと判断も出来ないので、実際にうかがう事になりました。


お客様のお宅に到着すると、申し訳なさそうな奥様と、不機嫌そうなご主人に迎えられる。


そして、今回のクレームの原因である電子レンジを確認する…うむ、異常はない。


実際に目で確認し、異常がないと判断できればこちらも自信を持って説明できます。


十分にお客様に説明をし、納得していただき、無事にクレーム処理は完了です。


…これだけなら問題ないんですけどねw



何が問題だったかというと…


ご主人…目の前で何度もオナラをするんですよ


…それも全力で。


生理現象ですから、仕方ない事だとは思います。我慢するのも変ですし…


しかし何なのこのアウェイ感。


最初はさ、お客さん怒ってるわけだから、こっちも真剣な顔で対応してるのよ。


けどさ、合いの手入れるくらいのペースでオナラするわけですよ…


なにそれ、返事のつもり?


多少の事なら顔色ひとつ変えずに対応できるようになりましたが、緊急事態です。


真剣な顔をしつつも、こみ上げる笑いをこらえるのは至難の業です。


そりゃもう凄いんですよ、ちょっと浮くくらいの勢いでオナラするんです。


ちょっと落ち着いたと思ったら、忘れた頃にまた爆音が轟きます。


もうね、こっちは堪えるのに必死ですよ、後に残る残響もツボなんです。


まじめに説明しながら(今の絶対中身出たろ…!!)とか想像してしまいます。


これほど内容に伴わない難易度のクレーム対応は初めてでした。


何度も襲ってくる波状攻撃に耐え抜いた俺は紛れも無くプロでした。


テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Darnisy

Author:Darnisy
Profile

リアルYourVoice
YourVoice5周年記念 20080626022117.gif
2011年8月15日 プチオフ会 DSC_0300.gif
最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別過去日記