スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新時代を体感する。


昨日はお休みでしたが、家電メーカーの新製品発表会に行ってました。


リアルで電器屋に勤めている俺は、新製品の発表会に行くことは多い。


接客に商品知識は必要、発売前に商品を知っておく必要があるわけです。


発売前に商品を見たり触れたり体感したり…電器屋の特権ではありますが


正直、ここ最近は目新しい商品も無く、さほど気になるものは無かったのね。


だけど昨日はちょっと違いました。 気になっていた商品があったんです。



Panasonic 3Dテレビですよ!!



これ、普通に気になってる人多いんじゃないかな?


業界では、単価の下がりすぎたTV市場を救う最終兵器とも言われてますが


やっぱり実際にどんな感じで見えるのか気になるじゃないですか!



人間は違う角度からそれぞれ2つの目で物を見て距離感とか立体感を感じますが


それと同じように、右目には右目用の映像、左目には左目用の映像をみせるんです。


専用のメガネをかけて見るんですが、左右が赤とか青のメガネではなくw


テレビが右目用の映像を出している時はメガネの左目側をシャッターで閉じ


逆の時は右目側を閉じる、この作業を素早く繰り返す…と言う仕組みです。



で・・・実際に俺も体験させてもらったんだけど・・・


最初は話題の映画『アバター』のデモ映像でした。確かに立体的になります。


ただ、正直なところ…期待していたほどじゃないというか、予想通りというか…


やはりシャッターの開閉がチラつく感じに見えるのと、立体感はあるんだけど


飛び出すほどに見えてこないと言う印象でした。ちょっとガッカリしたんですよね。


しかし、次に流れた実写映像を見たときは驚きました。凄く自然なんですよ。


CGと実写にどう違いが出るのかは説明できませんが、とにかくリアルなんです。


奥行きもあるし、画面から飛び出してくる感じもしました。結構感動ですよw


今後の映像家電の可能性を強く感じましたね。アニメやCGの作品は結構簡単に


映像の3D化ができるそうなので、ソフトもどんどん増えそうです。


ただね、結構目が疲れますw メガネはずすとしばらく物がブレて見えます。


4月下旬発売のこのテレビ、価格は高いけど、結構売れそうですね。


店頭に並ぶ時期が来れば、ぜひ皆さんも体験してみてください。


テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

目が疲れるんですねー。それに眼鏡が必要なのは大変ですね。
なにより、FF11やFF14をこのTVでやった場合どうなるんですかね。
やっぱ立体的に見えるのかな。

No title

>>ナギアさん

CGって比較的立体映像作りやすいらしいです。
ゲーム向きだとは思いますが、FF11の立体化か・・・
平行法とか交差法なら静止画ですが簡単に立体化できるかも?
今度挑戦してみます。成功したら記事にしますねw

3Dでるの待ってたんだが…。

いまいちみたいだなさて、どうしよう

No title

>>キサラさん

イマイチじゃないですよ、実写はほぼ完璧に再現できてます。

ただ、今のところ、地デジで配信できるサービスではないようです。

あくまでも映画とかアニメとかソフト中心になりそうですよ。

カウンター
プロフィール

Darnisy

Author:Darnisy
Profile

リアルYourVoice
YourVoice5周年記念 20080626022117.gif
2011年8月15日 プチオフ会 DSC_0300.gif
最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別過去日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。